プロフィール


花惣 喜名(はなぶさ きな)

Author:花惣 喜名(はなぶさ きな)
緋色と白華が大好き。生きる糧。
ちょっと頭のネジが飛んでる珍装が趣味のお姉さん。

↓緋色の欠片写真集出します★



コスプレ

コスプレコミュニティサイトCure


↑澁八 奏


↑TRMN




↓全力で応援中♪













最新記事




最新コメント




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (3)
はじめに (0)
レポ (3)
緋色写真集 (1)
白華 (0)
緋色 (2)
CLOCK ZERO (3)
写真付き。 (1)


全力で応援中!


緋色の欠片 愛蔵版 緋色の欠片4 白華の檻


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QR


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2013.06.28  珠紀誕生日おめでとう! <<23:41


hbtamaki.jpg


珠紀誕生日おめでとう(*´Д`)

あれですねこんなにめでたい日なのにわたしのもう見飽きたよってぐらいの写真の使い回しで大変あれなんですけど

本当にめでたい…!珠紀の生まれた日!めでたい!
きっとお赤飯たいておせち料理並に豪華なお食事を美鶴ちゃんに用意してもらったんでしょう。。
季封にケーキ屋さんははたしてあるのだろうか…いやそこは美鶴ちゃんのお手製かしら(*'ω'*)
きっと今日は珠紀の隣にだれがいられるかで守護者たちはてんやわんやなんだろうなあ…でも最後は拓磨がちゃっかりさらっちゃうぞ★
拓磨、どんなお祝いの仕方するのかなあ~
お誕生日プレゼントなにもらうのかなあ珠紀いいなあしあわせだなあわたしもしあわせだよ…(涙目)
6/28ってもう日付すらいとおしい可愛い6/28ってゆう響きがもうイイ

守られてるだけじゃない珠紀んぐが大好きだよ、本当に。
じぶんになにができるんだろうって悩んで泣いてでも結局なにもできなくてどうしたらいいかわからなくて
って私生活でもそういう状況ってよく遭遇するし、でもそこでふさぎ込まない強さを珠紀んぐから教わったよ;;
珠紀んぐがヒロインじゃなかったら緋色あんまり好きになってなかったと思うよ
あなたのチワワみたいな真ん丸なおめめとかサラサラ触覚ロングヘアとか実はあんまり低くない身長とか
もうぜんぶ大好きです;;;;
コスプレしてておもうけどわたしこんなかわいい子に一生なれない;;;;かわいすぎる意味わからない;;;;;;ふつうにかわいいんだけど、ふつうなんだけど、かわいいの究極だよ;;;;;;;;;

意味がわからなくなってきました白目

とりあえず、大好き!
珠紀んぐのしあわせを祈ってるよ!
だって珠紀のしあわせは、詞紀のしあわせでもあるし、卯紀さまのしあわせでもあるし、もちろん拓磨のしあわせでもあるし、守護者全員のしあわせでもあるんだから。
わっやべ泣きそうなにこれ;;

これからもずーっと珠紀のコスできたらいいなあ。


No.9 / 緋色 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2013.06.19  6/8 白華レポ★ <<00:27


うわーめっちゃひさしぶり!
広告でないうちにかきにこれてよかった…

レポをかこうかこう、といつもかけてないので今回こそは!

最愛の白華を撮りに、6/8に奏さんと岩手まで遠征してきましたー!(*´ω`)ドンドンパフパフ
ひっさしぶりに夜行乗ったけど意外と快適でしたムフン
衣装制作に追われてろくに寝てなかったのでグッスリでした笑
初遠征でドキドキだったんですが、主催してくださった桂心さんはじめ皆様とても親切にしてくださって(;;)
朝方ついてから駅のちかくのガストまでタクシーで行ったんですが運ちゃんがまず親切。というか値段が親切。なんかガストの店員さんも親切。
東京ではありえない温かさでした、人のやさしさに触れましたオロロ
お土産も買えて大大大満足でした…ずんだクリーム大福みたいなの買ったんですけどマジウマすぎて花惣家では秒殺でなくなったよマジで…お取り寄せしたいぐらいおいしかったよ…
桂心さんに至ってはお車まで出していただいて。お疲れの中、本当にありがとうございました( ;∀;)


IMG_0047.jpg


くっ…とりあえずこれだけ画像置き逃げするぜ!
隠岐秋房:わたし
幻灯火:奏さん
宇賀谷詞紀:桂心さん
アテルイ:雪人さん
photo 由壱さんv

はああ白華あわせがこんなはやくできるなんてほんと夢のようでした;;;
奏さんに誘ってもらえなかったら秋房つくれなかったんだとおもうとオロロ;;;;;
本当、帰りたくなかったです;;;;ロケーション素敵すぎる;;;
奏さんに至っては「ここに住みたい!」って後半ずっと言ってたなあ笑

追記に真面目なお写真もあげますー♪ちょっと離脱!

No.8 / レポ / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2013.05.22  ゆめのような <<22:36





IMGP0189.jpg


←and more
No.7 / 緋色 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2013.05.20  幕は下りた! <<01:02


ポーの一族 (1) (小学館文庫)ポーの一族 (1) (小学館文庫)
(1998/07)
萩尾 望都

商品詳細を見る


ずっと絵柄が好みだった、萩尾望都先生の「ポーの一族」を読みました。
美しくて、繊細で、引き込まれました・・・
日本人でなぜこんなに美しく美少年を描けるのか?疑問はそこばかり。
わたしもこんなふうな絵がかけるようになりたいな。
花の24年組、お勉強したい!もっともっと読みたくなりました。

最後どのようにおわるのかな?とずっと思ってたけど、まさかああいうふうに終わるとは…という感じで;;

エドガーはアランを愛していたのかなあ。
家族として?友達として?恋人として?
ひとりではさみしすぎる、って。
アランは「ぼくのことだけ考えてくれなきゃいやだ」って、本音を口にしてしまうところがありましたけど・・・

この漫画はなにが言いたかったのかな?なにを伝えようとしているのかな?って考えてしまいます。
ぜんぶお話は繋がってるわけですけど、ハッピーエンド、めでたしめでたしってお話は一話もなくて…
いや、まとまるべきところにまとまったってお話はあったけど。
本当に愛してるものは手に入らない。本当にほしいものも手に入らない。
でも、それで幸せに過ごしてる人もいる。
他の人と結ばれたり、一人のままで生きてゆく人もいるし、でも、それが幸せのかたちだと悟ってる人もいる。
そんな風に感じた漫画でした。
ただの少女漫画ではなくて、人生のはかなさ、切なさ、哲学的なものを感じました。

わたしの好きなものがすべてつまったような作品。バイブルになりました(*´▽`*)

No.6 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2013.05.01  フライヤー完成! <<10:28


きづいたら広告でちゃってたね・・?
時の流れのはやさにびっくりです。
とりあえずTwitterにひきこもってます^^

きょうはこれからフライヤー印刷にいってきます!
完成したんです!ついに!

hukou2.jpg

サイズがおおきいのでご注意ください!

がんばったね…(;O;)
セットもふたりでいちから組んで、ビーズも一本一本テグスにとおしたんです。
これはフライヤーなのでセット組んでませんが、追々お見せできるであろう表紙をはやくみなさんに見ていただきたい;;;

ここで語ると写真集ブログでいうことがなくなりそうなので笑
このへんにしときますね(*´ω`*)

No.5 / 緋色写真集 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

<<Prev Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。